体内で鉄分が欠乏すると、貧血が起こりやすくなることは広く知られています。毎日の食事で鉄を多く含む食材を食べるという方法もありますが、それでも鉄は足りなくなりがちです。サプリメントで鉄分を補うことは、食事だけでは鉄が不足しているという人にとってはいい方法です。
どんな鉄を体内に取り入れるかで、吸収率も変化しますので、サプリメント選びの参考にしてみてください。食べ物に存在する鉄には、ヘム鉄と、非ヘム鉄という2つがあります。
ヘム鉄は体の中に吸収されますが、非ヘム鉄はもう一段階の行程が必要になります。ヘム鉄のほうが、栄養自体はそのままです。普段の食事で摂取している鉄分は、大抵の場合が非ヘム鉄であるといいます。食事からの補給がしにくヘム鉄は体内で欠乏することが多いことから、サプリメントを使う時はヘム鉄のサプリメントにするといいでしょう。
鉄分は、体内量が多くなると吸収がしづらくなるので、過剰摂取をしても大量に吸収はできません。一日に摂取できる量を厳守することが、サプリメントを使う時のコツです。一日に2度か3度に分けて、少しずつ鉄分を摂取することで、まとめて摂取する時の胃のダメージを軽減することができます。
食事をした後、胃の中のものを消化している最中に鉄分サプリメントを飲むことで、胃にかかる負荷を抑えることが可能です。一日の摂取量を把握し、正しい量を飲むことによって、鉄分の健康効果を得ることができます。飲み過ぎは副作用の原因になります。