40歳を越えてから就職活動を開始すると、年齢が理由で断られることが多いようです。20代から30代と仕事をこなして、相応の実績や仕事の成果を積んだ人でも、年齢が40歳くらいになってくると転職はなかなか決まりません。
40代の人の場合には書類選考の時点で、選考からはずされてしまう可能性も高くなっていると考えていいでしょう。昔と似た感覚で求人に応募しても、採用の見込みが低いことは、すぐに気づくことでしょう。正攻法での転職では至難と言えるほど年齢は転職に影響することを理解しておく必要があります。
40代で転職する場合には、書類選考を通過して面接まで至る確立は大変低く、1割程度だとも言われています。10社との面接を受けるためには、100社に応募し、90社に断られる覚悟が必要です。面接から1週間以上の間回答を待って、不採用の結果をもらうと精神的にへこむばかりでなく、時間的なロスにもなってしまいます。
もしも仕事をしていないブランクの期間が長いのであれば、就職活動の状況は一層不利になります。知り合いや、親戚のコネクションを使って採用してもらうというスタイルが、40代の仕事については、確実性が高いでしょう。
40歳という年齢までこつこつと人脈を築いていれば、何かしらのきっかけも得られることは少なくありません。縁故採用というとためらう人もいるようですが、思い切って話に乗ってみるのも、年齢相応の転職の仕方であるといえるでしょう。